院長&スタッフブログ

子宮頸がんワクチン(任意接種)を始めました

このたび、子宮頸がんワクチンの任意接種を始めました。 子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの発生に関与するヒトパピローマウイルスの感染を防ぐワクチンです。 任意接種の対象は、定期接種となる 中学1年生相当(小学6年生~高校1年生まで) 以降の年齢の女性です。子宮頸がんワクチンは半年の間に3回接種する必要があります。南花園クリニックでは1接種の料金は16,000円ですが、初回に3回接種分をまとめてお支払いいただく場合は合計45,000円とさせていただきます。ご不明の点など説明をお聞きになりたい場合は、当クリニックの外来にお越しください。

わが国で子宮頸がんにかかっている女性は約11,000人(地域がん登録全国推計値2012年)、子宮頸がんで死亡する患者さんは年間約2,900人と言われています(人口動態統計2014年)。子宮頸がんにかかっている女性の 年齢別割合は、20歳代後半から増えて40歳前後までにピークになります。つまり子宮頸がんは、比較的若い成人女性がかかるがんといえます。

ヒトパピローマウイルスは性交渉を介して感染します。ウイルスは感染しても多くの場合排除されますが、排除されずに感染が続くと子宮頸がんが発生すると考えられています。

子宮頸がんワクチンの接種対象は性交渉前の年齢層が推奨され、 中学1年生相当の年齢の女子(小学6年生~高校1年生まで)には公費負担があります。それ以降の女性への接種は任意接種となり、全額自費負担となります。

子宮頸がんワクチンを接種した方には次のような副反応が現れます。

子宮頸がんワクチン(任意接種)を始めました

任意接種により生じた健康被害には、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。

なお ワクチンの接種前に問診、診察が必要ですので、一度外来に来ていただきます。その際に実際にワクチンを接種する日を予約していただきます。

開業をお考えの勤務医の先生方へ―千葉市美浜区検見川浜の在宅医療

昭和38年、高山は南花園町に越してきました。総武線は茶色の省線電車で、ときおり蒸気機関車が 貨物列車を 牽引して走り、新検見川駅は上りと下りのホームがひとつずつ、 地上改札口が 現在の西友の前あたりに ひとつある、のどかなローカル駅でした。現在の南口バスターミナルあたりは住宅が立ち並び、南花園クリニック横の跨線橋はなく、西友の前の踏切を渡って花園小学校に通いました。 検見川町の方に向かえば、国道14号のすぐ先は東京湾で、花見川の河口あたりまで潮干狩りをすることができました。

やがて東京湾の埋め立てが始まり、真砂や磯辺にマンションや団地が建てられ、海岸線ははるか沖合に移りました。新検見川駅南口にバスターミナルを作るために区画整理が始まりました。昭和58年、高山の父が2階建ての住宅を南花園クリニックが入る高山ビルに建て替えました。

往時マイホームを検見川浜に定めた人々が、令和に入って後期高齢者になりつつあります。今、 訪問診療で そのような方々の家に伺います。「いつからこちらにお住まいですか?」「昔はこのあたりは海でした」皆さんこれはご存知のようです。「高山は時々あさりを採っていました」と話すとびっくりされます。

開業をお考えの勤務医の先生方へ―千葉市美浜区検見川浜の在宅医療

高層の建物が乱立するさまを眺めると、かつての日本経済を支えた勢いとともに、今静かに黄昏を迎えている安らぎも感じます。この先15年ほど、この地域の在宅医療のニーズが高いことは容易に予測されます。

近い将来に開業するにあたり、在宅医療も検討してみたいと思われる勤務医の先生方、ざっくばらんにご相談ください。千葉市美浜区に馴染みがある方は大いに歓迎します。

ご連絡先はこちら↓です。

株式会社ドクターズナビゲーター
代表取締役 笹井 秀哉
(アシスタント:近藤、深田)
東京都中央区銀座5-14-8 銀座ワカホビル6F
TEL : 03-6264-1964
FAX : 03-6264-1965
Mail : sasai@drsnavi.co.jp
HP : http://www.drsnavi.co.jp

南花園クリニックの訪問診療実績 2019年7月報告

在宅療養支援診療所は所轄の厚生局に直近1年間の訪問診療の実績を報告します。

南花園クリニックでは、開業した平成30年10月1日から令和元年6月30日までの9か月間の訪問診療実績は以下のとおりでした。

訪問診療患者数 71人                 

訪問診療のべ回数 722回  うち 予定された訪問回数 636回 予定外の訪問回数(往診) 86回  

死亡患者数 10人 うち ご自宅でのお看取り患者数 9人    

今後も千葉市花見川区、美浜区、稲毛区を中心に、地域医療に貢献して参ります。

千葉海浜交通バスの車内放送でクリニックの案内を始めました

千葉海浜交通バスの車内放送でクリニックの案内を始めました

新しい元号が発表になった本日4月1日より、JR新検見川駅南口に到着する千葉海浜交通バスの車内放送で、南花園クリニックの案内が始まりました。

皆さまのお耳に留まれば幸いです。

南花園クリニックが国立病院機構千葉医療センターの地域医療連携医療機関に登録されました

南花園クリニックが国立病院機構千葉医療センターの地域医療連携医療機関に登録されました。このたび立派な登録証を受領いたしましたので、早速クリニック内に掲示させていただきました。

南花園クリニックが国立病院機構千葉医療センターの地域医療連携医療機関に登録されました

また、広報誌『千葉医療センターニュース』の最新号(第72号、2019年01月01日 発行)に、連携医院紹介として南花園クリニックをご紹介いただきました。

https://chiba.hosp.go.jp/gai-news.html

皆さま、ご一読ください。

 

ページ上部へ