院長&スタッフブログ

帯状疱疹ワクチン「シングリックス」の接種を始めました         (千葉市 花見川区 脳神経外科)

帯状疱疹ワクチン「シングリックス」の接種を始めました。

帯状疱疹は、 水痘帯状疱疹ウィルスによっておこる病気で、 顔面や頭皮、背中や脇腹、太ももなどに痛みを伴う皮膚病変を生じます。水痘帯状疱疹ウィルスは水ぼうそうを起こしますが、小さい時にかかって治った後も神経節に潜んでいます。高齢になり何らかの原因によって免疫力が低下すると、ウイルスが活性化し帯状疱疹を発症します。 早めに 抗ウィルス薬の注射か内服を行えば後遺症も軽くすみますが、発見が遅れ治療開始が遅れると皮膚病変や神経痛が残ります。

帯状疱疹ワクチン「シングリックス」は、2020年1月に発売された新しいワクチンで、帯状疱疹の発症を予防する効果があります。 臨床試験の結果によると、有効性は 50歳以上では97.2%、70歳以上では89.8%でした。主な副作用は注射部位の疼痛、発赤、腫脹など、一般的なワクチン注射の際に見られるものでした。

帯状疱疹ワクチン接種の対象者は50歳以上の成人になります。帯状疱疹ワクチンは2か月間隔で2回打つ必要があります。 2020年2月現在、 帯状疱疹ワクチン接種に公的な補助はなく、1回 19,000円の費用がかかります。 ご相談あるいは接種ご希望の方は、当クリニック外来までお問い合わせください。


新年 明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます

一昨年10月の開院のお祝いに頂いた胡蝶蘭、昨年夏に2代目が、そして年末から3代目が花開きました。クリニック待合室角に楚々とした雰囲気を醸し出しています。 クリニック内は冬の夜はかなり冷え込むと思いますが、 蕾が一輪一輪と花開いていく生命力には驚きです。

2020年の外来診療、定期訪問診療は、1月6日月曜日から始まります。        本年も宜しくお願いいたします。

冬の金目鯛

冬の金目鯛

魚の煮つけが旨い季節となりました。相模湾の金目鯛、大きくて丸々としています。

血液検査によるがんスクリーニングを始めました (千葉市 花見川区 脳神経外科)

日本におけるがんによる死亡者数は、1981年以降死因の第1位となっています。

がんのスクリーニングには様々な方法がありますが、血液検査で行えるものを選びました。

一つめはアミノインデックスがんスクリーニングです。これは 血液中のアミノ酸濃度を測定し、現在がんである可能性を判定する検査です。1回の採血で、複数のがんについて検査することができます。 対象となるがんは性別、年齢で異なり、男性は25-90歳の胃がん、大腸がん、すい臓がん、肺がんと40-90歳の前立腺がん 、女性は25-90歳の胃がん、大腸がん、すい臓がん、肺がん、乳がんと20-80歳の子宮がん・卵巣がんです。 判定結果がランクB以上であれば、感度(がん患者を陽性と判定)は47%から80%(がんの種類によって異なる) 、特異度(健常者を陰性と判定)は80%となります。料金は税込み21,000円です。

二つ目はミアテスト®乳がんリスク検査です。血液中に存在するマイクロRNAという物質を測定します。 乳がん患者で特異的に増減するマイクロRNAを数種類に絞り込んで測定します。 結果がC判定以上では 感度は97.4% 、特異度は92.1%とされています。料金は税込み22,000円です。

三つ目はマイクロアレイ血液検査です。 血液中の遺伝物質(m-RNA)の発現パターンからがんの有無を判定します。 消化器がん( 胃がん、大腸がん、胆道がん、膵臓がん)が対象になります。 感度は98.5% 、特異度は92.9%とされています。料金は税込み102,000円です。

ミアテスト®乳がんリスク検査 とマイクロアレイ血液検査は、複数の遺伝物質を測定するために、アミノ酸を測定するアミノインデックスがんスクリーニングに比べて料金が高めに設定されています。

いずれの検査も癌そのものを測定しているわけではありません。特異度、感度とも100%ではないので、少ない数ですが偽陽性(健常者で陽性の判定となる)と偽陰性(がん患者で陰性の判定となる)を避けることはできません。

ご不明の点など説明をお聞きになりたい場合は、当クリニックの外来にお越しください。 血液検査は木曜日午前中のみの予約制になります。

子宮頸がんワクチン(任意接種)を始めました (千葉市 花見川区 脳神経外科)

このたび、子宮頸がんワクチンの任意接種を始めました。 子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの発生に関与するヒトパピローマウイルスの感染を防ぐワクチンです。 任意接種の対象は、定期接種となる 中学1年生相当(小学6年生~高校1年生まで) 以降の年齢の女性です。子宮頸がんワクチンは半年の間に3回接種する必要があります。南花園クリニックでは1接種の料金は16,000円ですが、初回に3回接種分をまとめてお支払いいただく場合は合計45,000円とさせていただきます。ご不明の点など説明をお聞きになりたい場合は、当クリニックの外来にお越しください。

わが国で子宮頸がんにかかっている女性は約11,000人(地域がん登録全国推計値2012年)、子宮頸がんで死亡する患者さんは年間約2,900人と言われています(人口動態統計2014年)。子宮頸がんにかかっている女性の 年齢別割合は、20歳代後半から増えて40歳前後までにピークになります。つまり子宮頸がんは、比較的若い成人女性がかかるがんといえます。

ヒトパピローマウイルスは性交渉を介して感染します。ウイルスは感染しても多くの場合排除されますが、排除されずに感染が続くと子宮頸がんが発生すると考えられています。

子宮頸がんワクチンの接種対象は性交渉前の年齢層が推奨され、 中学1年生相当の年齢の女子(小学6年生~高校1年生まで)には公費負担があります。それ以降の女性への接種は任意接種となり、全額自費負担となります。

子宮頸がんワクチンを接種した方には次のような副反応が現れます。

子宮頸がんワクチン(任意接種)を始めました    (千葉市 花見川区 脳神経外科)

任意接種により生じた健康被害には、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。

なお ワクチンの接種前に問診、診察が必要ですので、一度外来に来ていただきます。その際に実際にワクチンを接種する日を予約していただきます。

ページ上部へ