院長&スタッフブログ

南花園クリニックは開院から4年目に入りました(千葉市、脳神経外科、訪問診療)

2018年10月1日に開院して満3年が経過しました。

脳神経外科外来は週3半日と限られてはいますが、徐々に患者さんが増えています。頭痛でお困りの患者さんは筋緊張性頭痛(日常の姿勢に気を配り、肩甲骨周りの筋肉を緩める運動を習慣化すれば軽快する)が大半ですが、今夏から2種類の新規の予防注射薬(エムガルティ、アジョビ)が相次いで使えるようになった片頭痛も増えてきました。てんかんの患者さんは、病院小児科から移行期医療でご紹介いただく方もありました。

病気を予防するワクチン接種にも力を入れています。今春より使えるようになった9価のヒトパピローマウイルスワクチンを、のべ36人の方々に接種してまいりました。

訪問診療は週6半日、訪問看護師、訪問療法士、ケアマネージャー、介護職員、訪問薬剤師、施設職員など多職種の方々のサポートを受けながら、患者さんの在宅療養に携わっています。私の脳神経外科専門医の経験から、のべ6人の悪性脳腫瘍の患者さんの緩和医療をお引き受けしてまいりました。またパーキンソン病や、筋委縮性側索硬化症、重症筋無力症など脳神経内科領域の難病のご依頼も受け、のべ18人の患者さんを拝見しております。

クリニックスタッフも開院時と変わることなく4年目に入りました。 本年4月より外来患者さんの増加に伴い、新しいスタッフが1人、受付に加わりました。

今後も脳神経に関わる医療に注力し、微力ながら地域医療に貢献できれば幸いです。

南花園クリニックは開院から4年目に入りました(千葉市、脳神経外科、訪問診療)

エーザイ株式会社、諏訪部美幸様と、開院記念の時計を携えて 。
当クリニック開院時よりご担当でしたが、10月より異動になりました。

ページ上部へ